Sample Image

生命の源、明日葉

「生命の源、明日葉」
「夕べに葉を摘んでも明日には芽が出る」という、強靭で発育が速いことから「明日葉」という名の付けられた日本原産のセリ科の植物で、八丈島では、昔から薬草とし使われていました。
明日葉は「不老長寿の野菜」として親しまれるほどに豊富な栄養素を含んでおり、明日葉のリン、ナトリウム、ビタミンB類などの含有量はあらゆる野菜の中でもトップクラスを誇っているだけではなく、他にもアミノ酸やミネラル類、食物繊維、葉緑素など様々な栄養素をバランスよく含んでいるのが特徴です。
そして食物繊維は青汁の原料として有名なケールと比べても、2倍近くも多く含まれているのです。

そして明日葉特有成分といっていいのがhttp://www.siamarsa.org/でも紹介されている「カルコン」です。
茎や根を切ってみると、粘り気のある黄色の液汁が染み出してきて、この液汁の中に含まれているのがカルコンです。
カルコンにはポリフェノール系成分が含まれており、 明日葉の生命力と何らかの関係があるのではないかと言われています。
非常に強い抗菌作用と抗炎症作用があり、胃酸を分泌させにくくして胃の状態をよくする働きや抗菌作用によるアレルギーを抑制する効果を持っています。

またカルコンの作用は発ガン性を抑える効果や血をサラサラにする効果などと多岐に渡り、血圧を下げたりという高血圧予防にもなるのです。
しかしながら女性がいえ、メタボが気になる男性もですがむくみなどを排除する効果によって肥満を予防することができます。特に女性の悩みにもなるセルライトにも効果があるのは嬉しい成分といえるでしょう。
また、青汁は健康と美容の強い味方と解説しているサイトのページもご覧ください。

つまり明日葉はケールよりも多くの食物繊維によって腸内の老廃物を排除するだけでなく、カルコンによってむくみを取り除くこともできるというダイエット効果が期待されるのです。
こちらのサイトでも明日葉の青汁がダイエットに最も適しているとかいてあります。

ただケールや大麦若葉に比べると栽培農家が少なく収穫量も少ないためか、貴重な素材とも言えます。
それでもケールや大麦若葉の青汁に負けず劣らずの人気を誇っているだけの価値が十分にあることも確かです。
こちらのサイトの、青汁のタイプ・使い分けのページもご覧ください。

サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 青汁は飲みやすい! All Rights Reserved.