Sample Image

野菜の王様、ケール

「野菜の王様、ケール」
野菜の王様と呼ばれているケールですが、日本においては原型でお目にかかることがあまりない野菜で、青汁として有名です。
ケールはhttp://img4.net/にもかいてありますが、南ヨーロッパの地中海沿岸が原産であり、キャベツの原種ともいわれブロッコリーやカリフラワーもこのケールから品種改良されて生まれた野菜です。
ケールが初めて日本に伝えられたのは、1200年頃の江戸時代初期だそうですが、独特なくせのある味からも食用ではなくもっぱら観賞用とされてきました。

しかし戦中に当時軍医であった遠藤博士があまりの食糧難に野菜の葉の汁を栄養として用い、戦後においては研究を重ねた結果、ケールがもっとも栄養に優れた野菜であると、青汁にしたのです。
実際にケールの主な成分はビタミン類やミネラル類、食物繊維などバランスが取れています。
ケールから生まれたとされるキャベツと比較しても、ビタミンAは58倍、ビタミンB1は1.5倍、ビタミンB2は5倍、ビタミンCは2倍、カルシウム、鉄は3〜5倍、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、リンは1.5倍〜3倍と断トツに群をぬいていると言ってもいいでしょう。

ただしそのせいでキャベツのように生で食べて美味しい野菜という風にはならず、ほとんどが青汁として用いられています。
しかし青汁として摂取したとしてもその効能は十分にありますので、むしろ生では手に入れにくいケールを青汁としてならば、簡単に摂れるといってもいいでしょう。

ケールに含まれている成分の多くは、体を助ける働きをもつものばかりで、また食物繊維が腸から老廃物を排出されることによって、体の中に栄養素は入りやすくなります。
それらの行動をくりかえすことによって、体の新陳代謝は高くなり、免疫力が上がったり、太りにくい体になったりと体質がゆっくりと変化していきます。
青汁を飲んでいると風邪をひかなくなったというほどに、生活習慣病などの病気からも守ってくれるのが青汁の効果であり、ケールの青汁は原料からの栄養価の高さも評価されています。
▼ケールについてはこちらにも詳しく解説されています。


ケール以外の青汁の原料についてはhttp://www.jandkwebdesign.com/で詳しく解説されていますので是非ご覧ください。
また、こちらのサイトの青汁に含まれる豊富な栄養素の解説ページも大変参考になります。是非ご覧になってみてください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 青汁は飲みやすい! All Rights Reserved.