Sample Image

食物繊維が豊富

「食物繊維が豊富」
青汁は野菜の丸ごとの栄養素が含まれたものですので、成分は野菜と変わらないといってもいいでしょう。
ただし原材料を青汁に加工する際に搾るという作業において、食物繊維は搾りかすとして取り除かれてしまいます。ですが食物繊維には大きく分けて「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があり、青汁が加工されるに取り除かれる搾りかすは不溶性食物繊維であり、水溶性食物繊維は取り除かれることなく青汁の成分として含まれるのです。
確かに野菜をそのまま摂ることよりは少しばかり落ちてしまうといってもいいですが、1日350gの野菜の範囲における食物繊維の補助には十分だといえるでしょう。
また、このサイトの青汁と相性が良いレシピについての解説も大変参考になります。ご覧になってみてください。

しかしながらそもそも「食物繊維」はどのような働きをするものなのでしょう。
それは腸内での「かさ増し」の役割と捉えられ、食物繊維は大腸の中で膨らんで、便を出しやすくしてくれる働きがあるとされています。
他にも有害物質を吸着して体の外に出す働きや腸内の善玉菌を培養する働きなどがあり、腹の満腹感にも役立ちます。
まさにダイエットなどにおいてはかかせないといってもいいでしょう。

青汁において食物繊維は絶対のようなイメージですが、実際の含有量は製品にもよりますが1杯分量あたり1〜2g程度です。
勿論原材料の野菜においても違いますし、製造過程においても大きく違ってしまいます。中には食物繊維があまりないという青汁もあります。
そこで購入する際にしっかりと成分表を調べることが大切なのです。

食物繊維などが成分表に書かれていない青汁は、正しく検査されていないものと見なして買わない方がいいでしょう。
一般的には、青汁における食物繊維の量としては20g前後を基準として比較してください。ただし自身の食生活の状況によっても変わりますので、あくまでも目安として下さい。
野菜を少しでも食べるように心がけて、あくまで補助として青汁を摂るという食生活が望ましいといえるでしょう。

こちらのサイトhttp://www.d7publicaffairs.com/には、ダイエットについての情報が書かれていました。是非ご覧ください。

▼人気の青汁商品ランキングはこちら

サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 青汁は飲みやすい! All Rights Reserved.