Sample Image

日本人は野菜不足

「日本人は野菜不足」
長寿の国、日本の神話は崩壊の危機を迎えていると言われることもあります。
今現在長寿のお年寄りたちは、野菜の煮物や魚などといった食生活を主にしてきた人たちで、日本人が1日に摂取することが望ましいとされている摂取量は約350g以上に一番近い約334gを平均として摂っているのが、60〜69歳の世代といってもいいでしょう。
そしてもっとも野菜不足な世代として挙げられているのが働きさかりの20代から40代で、平均して250g前後の摂取量が平均的な数値になっているのです。
それでも平均であり、ひどい人になりますと、朝はコーヒー、昼はファーストフード、夜は外食や出来合いのお弁当などというように、野菜など添え物の一口ほどしか食べない人が増えています。
こちらのサイトの解説青汁を毎日飲むということについても、参考になると思いますので是非ご覧ください。

核家族化が増え、仕事に忙しいとばかりに自炊することもなくなり、食べたいものを食べるという食生活によって今や野菜不足は深刻といってもいいでしょう。
以前からサラダを付けるだけでもだいぶ違うとは言われていましたが、今の日本人の野菜不足の世代は肉を食べる食生活に慣れてしまっているせいもあり、サラダなどの野菜も進んで食べようとはしません。
当然そのような生活は健康に良くないですし、生活習慣病の危険と隣あわせの生活でもあるといってもよいほどです。

そこでお勧めなのは青汁なのです。
青汁には1日に必要な350gが入っていないものもありますが、それは少しは野菜を食べることもするべきだということの意味もありますし、普通の食生活においては十分に野菜不足を補うことができます。
それに体に必要なミネラルやビタミン類が豊富に含まれており、食物繊維によって腸を活性化させて老廃物を出すことによって、新陳代謝を高めることで健康で動かしやすい体を手に入れられるといってもよいでしょう。
こちらに青汁の三大栄養素について詳しくかいてあるサイトがありますのでこちらもご覧ください。

体における野菜はそれほどに重要であり、どうしても摂取が難しいとしても青汁ならば簡単に摂ることができるでしょう。
青汁の原料によって異なる効果が得られるので自分に合った青汁を見つけて飲み始めてみましょう。
期待できる効果は他にもたくさんあります。こちらのサイトで紹介していましたので、ぜひご覧ください。
また、人気の高いおすすめの青汁がこちらで紹介されていますので商品選びの参考にしてみてください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 青汁は飲みやすい! All Rights Reserved.