Sample Image

ビタミンKってなに?

「ビタミンKってなに?」
青汁の中にも多く含まれていて注目を集めている成分のひとつにビタミンKという成分があります。
ビタミンKには本来、K1〜K7の7種類があり、そのなかで自然界に存在するのはK1とK2という2種類だけです。
青汁に含まれるビタミンKは緑黄色野菜に多く含まれるビタミンK1となります。

ちなみに体内の腸内細菌や組織でもビタミンKは作られています。
ビタミンKの役割は血液が凝固されないようにすることでありながらも、出血の際には血液を凝固させるという役割をもつという血液の凝固に関するバランスの役割を担っています。また骨にカルシウムが沈着するのを助けたりしたり、骨にあるたんぱく質を活性化させたりして、骨の形成を促します。そのため、骨粗鬆症の治療薬として使われているのです。
ビタミンKの1日の目安量は、男性で75μg〜65μg、女性で60μg〜65μgとされています。
腸内でビタミンKを生成する成人がビタミンK不足に陥ることは少ないといってもいいですが、1食分の緑黄色ぐらいは摂るべきでしょう。
多くのビタミン分やミネラル分を含む青汁について、解説しているサイトもありました。ぜひご覧ください。

また腸内細菌がまだ未発達な新生児などにはビタミンK不足がおこることがあります。
新生児の骨盤内出血症や、便が黒っぽくなる新生児出血が報告されているそうですので、十分に注意してあげてください。
勿論対策は取られており、現在は新生児にビタミンKのシロップを飲ませることで、新生児出血は出なくなっていますし、退院時や1ヶ月検診の際もビタミンKのシロップを飲ませるそうですので、検診などはきちんと受けるようにしてください。

また成人している人でも抗生物質を長期服用している人は、腸内細菌の働きが弱っていて、体内での生成量が不足する事態が発生することがあります。
こういう場合こそ青汁の緑黄色野菜におけるビタミンKを体の外から摂るようにしましょう。
ですが逆に血液の抗凝固剤を服用中の人は、ビタミンKの摂取を制限されるので、青汁を飲んでもいいかなどは医師の指示に従うようにしてください。

その他の青汁に含まれる成分についてはhttp://www.empleaextremadura.com/で解説されていますのでご覧ください。
また、子供にとって嬉しい青汁の効果とおいしい人気商品が紹介されていますので、野菜が嫌いなお子さんにはとくに積極的に飲んでもらいたいです。

サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 青汁は飲みやすい! All Rights Reserved.