Sample Image

青汁の成分

「青汁の成分」
青汁の成分といえば野菜の成分と言ってもいいでしょう。
青汁というのは、野菜の丸ごとの成分をそのまま栄養素にした飲み物のことですので、実際に使った野菜に含まれている成分が青汁の成分になるのです。

でも野菜から粉などになっているのだから、栄養そのままということはないでしょうと考えられますが、今の青汁はいかにそのままの状態で青汁にするのかがカギになっているといってもいいですので、栄養素はほとんどあるといっても過言ではありません。
青汁に含まれているのは野菜の食物繊維、ビタミン類、各種ミネラルにカルシウムなど共通しているだけでもかなりありますし、体に必要な栄養素ばかりです。
また、青汁を飲んでいると起きる効果とメリットの解説もおすすめです。

これがケールでしたら、すべての栄養素が他の野菜の数値よりも高く、メラトニンという精神を安定させて、睡眠ホルモンにもなる成分がキャベツの5倍もの高さで入っています。
大麦若葉の場合は全体の栄養バランスの配合がとてもよく、他に注目すべきは活性酸素を除去する成分のスーパーオキシドジスムターゼ酵素と呼ばれる、通称SOD酵素が含まれており、体内のあらゆる活性酸素を除去しるというアンチエイジング効果をもっているのです。
大麦若葉についてはhttp://www.printablegreetingcardsonline.com/にさらに詳しい解説がありますのでご覧ください。

そして明日葉の有名な成分といえば、http://www.crossfadeonline.com/でも紹介されているカルコンです。
他の栄養素もケールを上回るのではといわれるほどに含まれている上に、カルコンというむくみなどを取り除き、セルライトにも効果のあるという成分が注目されているのです。
しかも抗菌作用や発ガン性を防ぐのと共に、血がサラサラになる効果があるということです。

これらにあげた青汁の原料の野菜以外にも桑の葉やクマグサ、ゴーヤなどありとあらゆる緑黄色野菜が青汁の原料となり、そのまま成分となります。
青汁が勧められるのは野菜不足が原因であり、野菜の食物繊維と野菜に含まれる各種成分のためですが、種類の豊富さは目移りしてしまうほどですので、絶対に自分が求める成分の青汁は見つけられるでしょう。
またどんな青汁にも野菜として必要な成分が入っていますので、安心して選んでください。

こちらのおすすめサイトにも青汁に含まれている成分についてかかれていました。是非参考になさってみてください。


↑こちらには相性の良いおいしい青汁の飲み方が紹介されています。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 青汁は飲みやすい! All Rights Reserved.