Sample Image

青汁は飲みやすい!

「青汁は飲みやすい!」
飲みやすい青汁としての意味は2種類あるといえるのかもしれません。
まずは味はあまり関係なく、青汁の栄養分だけを摂取するタイプです。
錠剤タイプなどが主にそうなり、あまり味を気にせずに飲めるのと携帯のしやすさから人気があります。
また作る側も味をあまり考慮せずとも栄養を凝縮できるという利点の面での追及ができるようです。

しかしそんなものは青汁を飲んだ気がしない、そうしないと青汁は飲めないのかと言われればそんなことはありません。
最近の青汁の種類は豊富で、味も驚くほどで、青汁とは信じられないといった意見のものも多くでています。
しかし、個人の味覚には好みというものがあり、自分の味覚にあったものが探すのが大変なことは確かです。
http://青汁比較.org/こちらのサイトも参考になりますので、ぜひご覧ください。

青汁の正統派にこだわって飲みたいという人にお勧めなのはケールの青汁です。
今のケールの青汁で味がいいとされるのは、国産の契約農場での無農薬、無添加の純粋にケールだけの味の青汁になっています。
確かに苦味はありますが、がっつりと青汁を飲んだという気分にはさせられます。

そんな青汁は望んでいないという人には、大麦若葉を主原料して抹茶や緑茶などのお茶の成分が入った青汁がお勧めでしょう。
実際にお茶のようで青汁を飲んだとは思えないという意見も多い青汁の種類が多いです。
しかしどれを飲むのかを決めるのは最後には自分で飲んで決めなければなりません。

そのためにお勧めしたいのは「お試しセット」です。
自分の飲んでみたい青汁に「お試しセット」がありましたら是非利用してください。
いくら説明でどういう味かを説明されたとしても、想像と現実は違うこともあります。
もし「お試しセット」がなかったら1箱だけ購入してみましょう。
購入した青汁が期待の味ではなかったとしても、体調が悪くなるものではなかったらきちんと飲むようにしてください。
青汁は牛乳やヨーグルト、ジュースなどに混ぜることによって美味しく飲むことも、料理に混ぜても大丈夫なものですので、気にいる味に巡り会うまでの青汁も無駄にはなりません。
青汁を豆乳で割ると高い美容効果が期待できます。
なぜなら、 イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンによく似た働きがるからです。
美肌に効果的であったり乳がんや更年期障害の緩和も期待できるそうです。

サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 青汁は飲みやすい! All Rights Reserved.